自宅でできるムダ毛処理のメリット・デメリット

女性なら一度は直面したことがある、ムダ毛の処理。一言に処理方法といってもいろいろありますよね?ここで自宅で出来るさまざまなムダ毛の処理方法とそのメリットデメリットをご紹介していきます。

(1)かみそりで剃る

コストが安く、見た目の即効性がある為「THEムダ毛処理の代表格がかみそり」の利用です。デリケートな部分から、手足、ワキなど広範囲で処理できるのも魅力ですよね。

しかし、誰もが体験したことがあると思いますが、剃った後の肌触りが悪かったりすぐに生えてくるので、場合によっては毎日処理が必要なこともあるのではないでしょうか?

また、最近ではいろいろな脱毛用のかみそりが販売されています。中にはカミソリ部分にソープが含まれており、いかにも肌に優しいとうたっているものもありますが実際は皮膚に細かな傷をつけ、肌トラブルの原因となっていることもありますのでお勧めはしません。肌のためにもシェービング専用のジェルと併用して処理を行いましょう。また、処理後は必ず肌の保湿を心がけましょう。

(2)毛抜きで抜く

なんといってもランニングコストを考えると、他に勝るものはありません。かみそり処理よりも見た目きれいで、次に生えてくるまで時間がかかるのもメリットです。しかし、とにかく時間がかかり痛みがともないます。

また、毛穴が大きくなり、次に生えてくる毛が太くなることや、1つの毛穴から2・3本の毛が生えてくることもあるため、手・足・腕などの処理はお勧めしません。どうしても毛抜き処理をせざるを得ないのであれば、眉などの部位にとどめておいたほうがいいでしょう。

(3)ワックス脱毛を利用する

毛が生えている部分にワックス(泡で出てくるタイプもあります)を塗り、時間を置いた後、固まったワックスを剥がして脱毛する方法です。広範囲を一度に処理できるため毛抜きより簡単です。

しかし間違った使い方をすると肌への負担が大きいので、肌の弱い人には向いていません。ワックスを塗った部分すべて完全に抜き去るのも難しいため、完璧を求める人には向いていません。

(4)家庭用脱毛器を利用する

家庭量販店やインターネットから気軽に入手できるようになってきました。人気の光脱毛・レーザー脱毛などその種類も豊富にあります。気軽にエステサロンのような処理を行うことが出来るため、繰り返し利用することで毛を薄くするなどの効果があります。

しかしなんといっても価格が高く3万〜6万円が相場です。また、利用できる部位が限定されているものが多くあるため、購入時には注意が必要です。

中高生にとって、家庭用脱毛器を購入するにはなかなか手が出せず、かみそり・毛抜き・ワックス処理が多いのかもしれませんが、アフターケアは怠らないように注意しましょう。

名古屋で施術中の指示がきちんとしている脱毛サロン
脱毛は機械による質の差が大きいと考えられていますが、実は施術者の技術力の差が大きいことはあまり知られていません。名古屋には多くの脱毛サロンがありますが、中でもサロン全体の技術力が高いサロンをご紹介します。
http://www.imc9.jp/